1: 2018/12/10(月) 15:32:17.01
 「M-1グランプリ2018」の審査員を務めた上沼恵美子(63)に対し、放送後にとろサーモン久保田かずのぶとスーパーマラドーナ武智正剛がSNSで暴言を吐いたことについて、久保田と武智が所属する吉本興業が上沼側に、2人による直接謝罪を申し入れたが上沼側が丁重に断ったことが10日、分かった。

 M-1が開催されたのが2日。吉本は3日に会社として上沼側に謝罪した。さらに吉本は久保田と武智を直接、上沼に謝罪させてほしいと申し入れたが、上沼側は「そんなことまでして頂かなくてけっこうです」と丁重に断った。

 関係者によると、今回の騒動について上沼は周囲に「まったく何とも思ってない」と話しているという。

続きを読む

1: 2018/12/10(月) 18:27:55.44
タレントのマツコ・デラックス(46)が10日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に生出演。、山手線・京浜東北線の品川―田町間に建設中の新駅の名称「高輪ゲートウェイ」の撤回を求める署名活動が始まったことに言及した。

 マツコは公募で上位に入った「高輪」「芝浦」「芝浜」などが選出されなかったことに「出来レースなんだとしたら、何で公募したんだろうね」と言及。「だったら、会議的な機関を作って、こういう駅名に決まりましたでいいのに」と不満を語った。

 「高輪ゲートウェイ」についても「恥ずかしくて言いたくないよね。例えば、どちらまでと言われたとき、『高輪ゲートウェイまで』って嫌じゃない?抵抗がある」と受け入れることが出来ない様子。

 続けて「天王洲アイルっていいたくないじゃん。天王洲っていうでしょ」と例えを挙げたが、こちらについてはMCのふかわりょう(44)が「私は平気なタイプですね。軽蔑してます?」と意見。これについては「平気なタイプは軽蔑とともに、同じ位の量で尊敬します」と懐の深さを見せ、笑いを誘っていた。

12/10(月) 17:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000137-sph-ent

続きを読む

1: 2018/12/11(火) 12:42:16.75
ブランド「GUCCI」の公式インスタグラムに「落ち武者」を思わせる逆モヒカンヘアのモデルが登場し、反響を呼んでいる。

「GUCCI」の公式インスタグラムが話題のムービーを公開したのは、8日。頭の真ん中だけ剃り上げたイケメンミュージシャンのJacques Aubergerはまさに日本の「落ち武者風」。撮影現場でパジャマを脱ぎ捨て上半身裸になる映像は、頭さえ見なければかなりオシャレ。

しかし「ハゲヅラ」と呼ばれるカツラを思わせるヘアスタイルはインパクト大で、思わず2度見しそうになるシュールな仕上がりになっている。

さらに、ワンピースにも見えるガウンを羽織りパラソル片手のサングラスをかけた写真もアップされ、そのコント風の仕上がりが日本でも話題に。

中には「スヌーピーにも似ている」というかわいらしい意見も。さらに人気漫画『闇金ウシジマくん』(小学館)のG10というキャラクターを思い出すという声も見られた。

「GUUCI」の公式インスタグラムには英語でも驚きのコメントが多数寄せられている。爆笑をしている顔文字や、「What worng you gucci seriously? look at the hair! No way」といった声も寄せられ、困惑気味なのは日本だけではないことが伺える。

さらに、日本人と思われるインスタグラムユーザーから、「you brouhht japanese 落ち武者」というコメントも書き込まれている。

過去のコレクションでも日本のアニメキャラ風イラストがプリントされたセーターや小脇に抱えた生首など、シュールなスタイリングが話題になった「GUCCI」。

いずれにせよインパクト的には最強で、他のハイブランドの後に続くのか今後の動向が注目される。

動画像はソースにあり
https://sirabee.com/2018/12/10/20161916126/ 
2018/12/10 18:20

続きを読む

1: 2018/12/11(火) 00:45:18.78
上沼恵美子 更年期発言は「無礼」直撃に答えた暴言騒動の本音

12月2日に放送された『M‐1グランプリ2018』(テレビ朝日系)で審査員を務めた上沼恵美子(63)。
率直な講評で会場を沸かせていた上沼だが、それに不満を抱いたとろサーモンの久保田かずのぶ(39)とスーパーマラドーナの武智正剛(40)が打ち上げの様子をSNSで中継し猛批判。
「右のおばはん更年期障害かと思いますよね」など女性蔑視ともとれる発言も飛び出し、一大騒動に。さらに、上沼は自身のラジオ番組で「こんな年寄りが座って、偉そうにしてる場合じゃない」と審査員の引退を示唆。一部報道では上沼が2人に対して激怒しているとも報じられていた。

果たして、“西の女帝”は今何を思うのか――。真相を確かめるべく本誌は、大阪にある上沼の自宅へと向かった。12月5日の夕方、買い物から戻ってきた上沼。本誌記者が直撃したところ、彼女はゆっくりと重い口を開いた。

――久保田さんと武智さんの発言についてどう思われますか?

「なんか言ってたそうですね。でも全然詳しく知らないんです」

――動画については?

「見てないんです。ごめんなさいね。パソコンには疎いもんで……」

――2人が直接上沼さんに謝罪をしたいと言っている話もあるようなんですが。

「いいって。そんなことする必要ないです」

そう語る上沼の口ぶりは意外にも穏やか。さらに、驚きの一言が飛び出した。

「私思うんです。お酒を飲んでくだをまくことなんてのはよくあること。だからね、天下取ったらいいんですよ。彼らがダウンタウンのようになったら何言おうが失言になりませんからね。頑張って、日本一の漫才師になってほしいと思います」

上沼が口にしたのは怒りではなく、2人への激励だったのだ。そして自らの、“引退宣言”についても真相を語り始めた。

――今回の騒動が原因で審査員を引退されるんですか?

「それは違います。私ももう年寄り。だから審査するよりは、出場者として出たいと冗談で言っただけです(笑)」

――では、来年の続投も期待していいのでしょうか?

「それは、来年にならないとわかりません。ただ、毎年松本人志さん(55)が強く誘ってくださるんです。なので毎年お受けしています」

続けて、一部で『好き嫌いで決めているのでは?』と批判を受けていた自身の審査についてもこう語り始める。

「実は、(好き嫌いで審査していると)受け取られた部分については失言かなと反省しているんです。特にミキに『決勝に残ってほしい!』と言ってしまったのは、私情が絡んでいました。そこは反省しています。でもね、漫才はちゃんと審査したつもりです。得点に好きとか嫌いとかは、いっさい入れておりません! 私は漫才だけを見てちゃんと審査した自信があります。だって皆さん頑張っているんですもの。人生がこれで変わるわけですから」

そんな上沼だが、次の質問には思わず表情を曇らせた。

――武智さんが上沼さんのことを「更年期障害」と批判していたのですが……

「そうなんや……それは無礼やな! 更年期障害というのは40代でやってきます。私はもう63歳なので、ないです。更年期障害なら、(あれだけ大変な)審査員は務まりません!」

直撃のなかで、唯一顔をしかめて怒りを見せた上沼。それには“ある理由”があった。

「上沼さんは今年3月、自身の番組で“夫源病”と診断されたことを告白しています。夫の存在がストレスになり、妻の心身に不調が現れるという状態のこと。更年期障害の中年女性が不調になる原因の1つにも、夫の存在があるといわれています。上沼さんもご主人の定年とお母さまの死が重なった3年ほど前から、不調を訴えはじめていました。フラフラすることも多く、周囲にも『しんどい……』と語っていたそうです。そうした経験をした彼女だからこそ“更年期おばはん”発言はさすがに見過ごせなかったのでしょう」(上沼の知人)

それでも最終的には、後輩の失言にも“許し”を与えた上沼。この流れなら、自身の冠番組である『怪傑えみちゃんねる』(関西テレビ)に2人が出演する日も近いのでは? 記者がそう聞いてみると、

「いや~、その気はまったくないです(笑)」

そう言って記者を笑わせた上沼。“西の女帝”の素顔はどこまでも悠然としたものだった――。

関連記事
広田レオナ 22歳年下男性と4度目婚!事務所認めた極秘挙式

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181211-00010000-jisin-ent

続きを読む

1: 2018/12/11(火) 11:54:39.69
お笑いコンビ・和牛が11日、都内で行われた『2018年「歳の印」』の捺印式に出席。
とろサーモン・久保田かずのぶとスーパーマラドーナ・武智が、『M-1グランプリ2018』で審査員を務めた上沼恵美子に対して
暴言を吐いた騒動の現場に水田信二も同席していたが「上沼さんの審査は何の問題もない」ときっぱり。
「全く問題ない。霜降り明星でおめでとう」と明言した。

和牛はM-1で3年連続で準Vに終わった。一昨年に2位となったことで優勝候補と目されながら、
昨年は伏兵のとろサーモンに、今年は新星の霜降り明星に優勝をさらわれた。

水田は「また負けて、来年どうしようと相方を話していた。3回も負けて、漫才を辞めようかな、と…」とボヤキ。
ただ、すでに来年に視線は向いているそうで「ハツラツとしてますよ」と意欲を見せた。
昨年も同イベントに出席している川西賢志郎は「ここまでが年の瀬。(M-1敗退を)慰めていただいているような…」と苦笑いだった。

事の発端となったのは、今回のM-1で7位だった武智が放送後に配信したインスタライブでの動画。
昨年のM-1王者の久保田が泥酔した状態で登場し、名指しはしないものの
審査員の上沼に対して「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください」などと厳しく批判。
撮影していた武智も相槌を打っていた(動画はすでに削除済み)。

上沼も自身のレギュラー番組で「お二人についてはまったく、なんとも思っておりません。暴言とか言われていますけど、
まったく結構です。悪いですけど興味ないです」とコメント。
さらに「ネットをまったく知らないアナログ女で申し訳ないんですが、M-1グランプリですごいことになってるらしくて。
少しだけ言わせていただくと、私は審査を何年もやらせていただいていますが、えこひいきもしてませんし、
真剣にさせていただいている。間違いなく私の意見の審査です」と審査への“批判”について自身の考えを明かしていた。

イベントにはガリットチュウ、ジャルジャル、チョコレートプラネットも参加。
似顔絵のスタンプを押した水田だが、丸型の都合上、角刈りになってしまい「メガネかけたら、ウェイパーの人やん」と苦笑いだった。
今年の世相を表す『歳の印』を代表してチョコレートプラネットが捺印した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000331-oric-ent

続きを読む

↑このページのトップヘ