1: 2018/12/10(月) 11:47:09.47
元貴乃花親方の花田光司氏が10日、テレビ朝日の単独インタビューに応じ、元弟子で、引退を発表した貴ノ岩について「10年はダメですね」と今後10年は会わないと、厳しい親心をのぞかせた。

インタビューの模様は10日放送の「グッド!モーニング」内で放送。貴ノ岩の不祥事について、開口一番「残念ですね、本当に」と肩を落とし
「この時期にこれまでの経緯を考えたら、当事者として経験したことを生かしていかないといけないのですから、逆のことをしてしまいましたからね。もう取り返しのつかないことをしたと思います」と語った。

貴ノ岩自身からの連絡は「一度携帯が鳴ったんですけども、会見する日に。でも私は出ませんでした」と騒動後の貴ノ岩とは話をしていないことを明かした。
千賀ノ浦親方からは連絡があったというが「私の出る幕ではありません」と千賀ノ浦親方に一任したという。

インタビュアーの大下容子アナウンサーから「貴ノ岩関は手が出やすい性格?」と聞かれると
「いやあ、今の師匠は優しい方ですし、私が彼にとって一番怖い存在だったと思うので、ちょっと抑えが効いてなかったのかなと」と回答。
今後、貴ノ岩と会うのかという質問には「10年はダメですね。どんな状況でも一切会いませんし、来ても帰します」とピシャリ。


今後、貴ノ岩は角界とは離れた一般社会で生きていかなければならないが「厳しい事を言いますけど、これから外の世界に出て、最低10年は修業しないといけない。
10年経って、私の前に来れるようになっていれば会って話しますけど。10年はダメですね」と突き放していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000049-dal-spo
12/10(月) 9:47配信

続きを読む

1: 2018/12/09(日) 21:55:16.19
お笑い芸人の土田晃之(46)が9日、自身がパーソナリティーを務めるニッポン放送「土田晃之 日曜のへそ」(日曜後12・00)に出演。「M―1グランプリ2018」で審査員を務めたお笑いタレント・上沼恵美子(63)に対し、インスタライブで暴言を発した、昨年王者の「とろサーモン」久保田かずのぶ(39)と今年のファイナリスト「スーパーマラドーナ」の武智正剛(40)を痛烈に批判した。

 土田個人としては「大先輩に対して意見を言うことは別にいい」と思っているという。ただ、それは「番組とかで正面切って『僕はこう思います』みたいになるんだったら」という状況があってこそ。酒の勢いで、しかも一方的に暴言をネットに上げるのは「大学生レベル」だと土田は表現した。

 さらに土田は「しかも一人じゃなく、数人でみたいな感じなんでしょ」と、複数人で暴言を吐いたことにも言及。「一人で意見行ってるなら百歩譲っていいけど、数人でテンション上がって…みたいになってると、これは“中学生レベル”ですよね。とにかくダセえなって思って」と、暴言を吐いた2人を非難した。

 結果的に2人の暴言がこれだけの騒ぎを引き起こしたのは事実。土田は吉本興業が頭を下げて上沼をM―1の審査員に招へいしていることも踏まえつつ、「事務所やめるぐらいの覚悟で言うんだったら全然いいんだけどね。(動画を)上げてすぐ消去するとかって、ダセえなって思ってて。だったら最初からやんなきゃいいのに」とコメント。2人の軽はずみな行動に苦言を呈した。

 土田は審査員のあり方について「審査員の人たちに対する意見とかごちゃごちゃ言ってる人いっぱいいるけどさ。そのメンバーの票を今年誰が取るかでしょ」と前置きしつつ、「審査員が変わりゃ、過去の優勝メンバーだってだいぶ変わりますよ」と発言。頂点を獲るには、決められた審査員の票をいかに獲得するかが重要であることを説いていた。

12/9(日) 21:38 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00000153-spnannex-ent

続きを読む

1: 2018/12/10(月) 06:46:38.85
オリエンタルラジオの中田敦彦が、12月5日放送の『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』(ニッポン放送)で、メイプル超合金・カズレーザーへの思いを明かした。

中田はカズレーザーが初めて『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』(テレビ朝日系)に出演した際に共演。
楽屋では飄々としていたが、本番で正解を連発したという。

その姿を見て「クイズの才能って、これなんだ!」と中田は驚き、収録中に「俺、もう2度と『Qさま』出ないでおこう」と決断。

それまで同番組で、芸人ではロザン宇治原史規しか「ライバルがいなかった」と明かし、
宇治原に「世代交代のタイミングが来ましたね」と宣言したこともあったが、別の路線に進むことを決めた。

「これ全然違うストーリー始まるわ。俺も俺で、そういうクイズよりプレゼンテーションとか、
アカデミックなことや、ビジネスに興味を持ち始めてたから。『俺はここじゃねぇんだな』と」

そこで「カズ、頑張ってね」とエールを送り、「盛大に負けを認めた後輩の一人」と語っていた。

「クイズ番組の仕組み」について、中田は2013年5月12日放送の『ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!』(テレビ朝日系)で告白。

難問を正解する回答者だけでなく、簡単な問題でも不正解するおバカタレントを出演させる理由について、「視聴者に優越感を抱かせる」ためだと力説。

中田は、一度はクイズで天下取りを目指したが、現在はビジネスに軸足を起き、講演などを行うビジネスサロン、SKE48古畑奈和のアルバム曲のプロデュースなど多方面に活動。
お笑い芸人の可能性を広げる存在として注目されている。

http://news.livedoor.com/article/detail/15715418/
2018年12月9日 11時0分 Smart FLASH

続きを読む

1: 2018/12/10(月) 13:47:50.55
本業のお笑いに留まらず、役者や脚本家としても高い評価を受けるバカリズム(43)が、9日放送『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演。
多方面で活躍し人脈も広いであろう彼が、「仲の良い芸能人」について尋ねられた場合「いない」と答えるようになった悲しい理由を明かした。

打ち合わせで仲の良い芸能人を聞かれた場合、以前は同期の東京03などの名を出していたバカリズムだが、現在は「いない」と答えるようにしているという。
その理由は東京03が出演した番組で「仲の良い芸人」を尋ねられた場面で、別の芸人の名を出す場面を観たため。

さらに3人のLineグループを作っているほど仲が良いオードリー・若林正恭、南海キャンディーズ・山里亮太だったが、2人だけで鍋に行っていたことが発覚。自分が誘われていないことにショックを受け、それ以来「仲の良い芸人はいない」と答えるようになったと明かした。

友達も恋人もいないため、誰とも喋らない日がある彼は「自分の声を忘れる」こともあり、誰もいない部屋で「ああっ」と独り言を口にすることもあるバカリズム。そんな寂しい姿に自分を重ねる視聴者も少なくなかった。

続きを読む

1: 2018/12/10(月) 10:15:57.75
9日に放送された俳優の賀来賢人(29)主演の日本テレビ系「今日から俺は!!」(日曜・後10時半)の第9話の平均視聴率が10・8%だったことが10日分かった。

初回は9・8%でスタートし、第2話は8・3%、第3話は8・9%、第4話は9・1%、第5話は9・8%、第6話は9・4%と推移。
第7話は番組最高の10・4%で初の2ケタ台に乗せ、第8話は9・4%。
今回は1・4ポイントアップし、番組最高を更新した。

「少年サンデー」で80年代後半から90年代前半にかけて連載され、累計4000万部超えの大ヒットを記録した西森博之氏による伝説の不良コミックの実写化。
ヤンキー学校である「軟葉(なんぱ)高校」とその周辺地域を舞台に、ツッパリたちがバトルを繰り広げていくコメディーで、「勇者ヨシヒコ」シリーズや「銀魂」などを手がけた鬼才・福田雄一氏(49)が脚本・監督を務める。

最終章と銘打った第9話は最強校・開久との対決が描かれ、ドラマは次回16日放送で最終回を迎える。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000057-sph-ent

続きを読む

↑このページのトップヘ