タグ:格闘技

1: 2018/11/17(土) 21:13:07.33
<キックボクシング:RISE129大会>◇17日◇東京・両国国技館

キックボクシング界の「神童」那須川天心(20=TARGET/Cygames)がデビューから33連勝(キックボクシング、総合格闘技ルール含む)を飾った。
内藤大樹(22)と57キロ契約3分3回で対戦。左ストレートなどで3度のダウンを奪取し、1回1分59秒、KO勝利を飾った。

15年8月以来約3年ぶりの再戦を鮮やかな1回KO撃破で飾った那須川は「内藤選手本当にありがとうございました。
今終わって話して3年間ありがとうと言われて…。本当に自分のことを思ってくれたんだなと思って、しっかりでも勝ててうれしかったです。
3年間ボクを思い続けてくれてありがとうございました。いろいろなことがありましたがクリアできました」と内藤とファンに向けて涙ながらに感謝の気持ちを口にした。

大みそかの格闘技イベントRIZIN14大会(さいたまスーパーアリーナ)でKOありの3分3回の打撃攻撃のみのスタンディングバウトで、
ボクシング元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(41=米国)と試合が予定通り行われることが発表されている。
那須川は「みなさん、ご存じかと思いますが、年末、自分はメイウェザー選手と戦います。
倒すために、絶対に倒すために年末まで練習を頑張りたいと思います。絶対に倒します」と力強く宣言していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00395309-nksports-fight
11/17(土) 21:08配信

続きを読む

1: 2018/11/16(金) 13:43:52.60
ボクシングの5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(41=米国)が15日(日本時間16日)、米国のニュースサイト「TMZ SPORTS」の取材に応じ、総合格闘技イベント「RIZIN.14」(12月31日、さいたまスーパーアリーナ)
での那須川天心(20)戦について「実現させるつもりだ」と語った。

メイウェザーは米ビバリーヒルズの高級宝石店を出たところで、直撃取材を受け、那須川との対戦を認めた。
一方で「ボクシングか、キックボクシングが、それともMMA(総合格闘技)か?」と試合形式について質問されると、
「ルール? それは短いボクシングのエキシビジョンになるだろう。キックなしだ」と語った。
その上で「9分間にわたって、那須川の周りを動き続ける。もちろん、エキシビションとしては史上最高額のファイトマネーになる」と、3分3回のエキシビションマッチになると断言した。

そして「俺はボクシングから引退しているけれど、世界中に現れ、大金を稼ぐよ」と豪語した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00393815-nksports-fight
11/16(金) 13:22配信

続きを読む

↑このページのトップヘ