1: 2018/11/20(火) 08:38:38.83
お笑い芸人の土田晃之(46)が18日、自身がパーソナリティーを務めるTBSラジオ「土田晃之 日曜のへそ」(日曜後12・00)に出演。大相撲における「横綱」のあり方について言及した。

 横綱・稀勢の里が九州場所で初日から4連敗を喫して休場した。8場所連続休場の後、先場所苦しみながらも2桁の10勝をマーク。「今場所こそ優勝争いを」と期待されていただけに周囲の失望も大きかった。そして再燃した進退問題。土田はこの件に関して“コメントするのは難しい”という。

 そもそも「相撲がよくわからない。難しい」という土田。相撲は神事かスポーツか、とよく論議されるが、土田は「(力士は)スポーツ選手(アスリート)で捉えたい」という考え。「八百長なんかない、ガチで戦っているというなら『アスリートじゃん』と思っていた」そうだ。そんな中“横綱として十分な成績を収めないと引退”といった流れには疑問を感じるようになったという。

 横綱というのは、いわば“神の依り代”というべき存在。しめ縄を意識した綱を付けることが許されることからも、そのことが見て取れる。神に近い存在であるがゆえ、品格はもちろん、他を圧倒する強さを常に求められる。当然、横綱の地位に見合う結果が出せなければ「引退」の道しか方法はない、というのが実情だ。

 ただ、横綱昇進の推薦など、横綱に関する案件について日本相撲協会の諮問に答申し、進言するのは「横綱審議委員会」。引退勧告を出すのも横審である。土田はそんな横審に対し「横綱審議委員会って何なの?神の上にいるの?もう意味分かんなくない?」と、神をも越えた横審の存在に納得がいかない様子だった。

 さらに土田は「『伝統(神事)の部分と、アスリートの部分とがうまくいってない』と思って」と想いを吐露。「(力士は)みんな凄い稽古して体作って。一生懸命やってきたことだから、上(横綱)にいっても、ダメだったら(大関以下に)戻って上がるとかで」と、現役を続ける意思があるなら“横綱の降格もアリ”という持論を展開した。

 さらには「横綱が全部強い必要ある?」といった独自の考えも披露。「色んなタイプの人間がいるんだから、『いやぁ、いざって時には負けるんだけどさ。でも憎めないよね。応援したくなっちゃうよね』っていう人間らしい横綱がいてもいいわけだから」といった、枠にとらわれない横綱もアリとしていた。

 しかしながら、伝統を重んじる相撲の世界では、土田の意見が通ることはまず考えられない。最後は自嘲気味に「お相撲さんの話は、俺はよくわからないですよ」と煮え切らない言葉で締めくくった。

スポニチアネックス2018年11月19日21時43分
https://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20181119_0146/

続きを読む