タグ:TV

1: 2018/11/18(日) 14:04:42.31
ネット広告媒体の開発運営を手掛ける『株式会社CMサイト』が行ったアンケート結果が衝撃的だった。

40~50代の男女4939名を対象にした《好きなコンビ芸人》についてのアンケート調査が先ごろ発表され、結果は以下の通りになっている。

1位 サンドウィッチマン
2位 博多華丸・大吉
3位 ダウンタウン
4位 千鳥
5位 くりぃむしちゅー
6位 ウッチャンナンチャン
7位 さまぁ~ず
8位 バナナマン
9位 ナインティナイン
10位 オードリー

情報誌『日経エンタテインメント』が行っている毎年恒例の「一番好きなお笑い芸人」調査で、過去14回すべて1位だった明石家さんまを打ち破った『サンドウィッチマン』が圧巻の首位。続いて、『あさイチ』(NHK)のレギュラーMCになった『博多華丸・大吉』が選ばれるなど、“好感度”の高い芸人が支持される傾向が見て取れる。

■「欧米かっ!」の熱よ再び!

しかし、一見順当なランキングに思えるのだが、数年前まではこの手のランキングで常連だった“あるコンビ芸人”が消えてしまっているという。

「『タカアンドトシ』がいません。漫才の実力は十分で、清潔感があり、不祥事もまるでない優等生の『タカトシ』がいないことに、ネット上では動揺の声が上がっています。ちなみに、日経エンタの調査でも、彼らは20位以内にすらランクインしていませんでした」(芸能記者)

『週刊文春』11月22日号で発表された《2018年好きな芸人ランキング》では、最近全くテレビで見ない『ウーマンラッシュアワー』より下の30位だった。

「タカトシの急落は顕著。レギュラー番組の本数自体はあまり減っていないのに、人気が激減しているのが痛いところ。15年放送のTBS『櫻井有吉アブナイ夜会』に出演し、仕事の低迷を嘆いて再起を誓っていたのですが、一向に復活する気配がありません。そもそも優等生枠なら、『サンドウィッチマン』『華丸・大吉』という二大巨頭がいるため、ここに割り込むのはかなり厳しいでしょう」(同・記者)

10月28日からスタートした新たなレギュラー番組は、『有吉ぃぃeeeee!』(テレビ東京系)。冠をほぼ同期の有吉弘行に完全に奪われている。

このままジリ貧となってしまうのだろうか。
https://myjitsu.jp/archives/67086

続きを読む

1: 2018/11/17(土) 17:03:52.90
人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」をめぐりやらせ疑惑が続出する日本テレビだが、さらに厳しい事態が待ち受ける。
15日には同社の大久保好男社長が騒動を謝罪し、「祭り企画」の休止を明らかにした。

一方、MCを務める内村光良(54)に謝罪させたことで、芸人の大量離反の恐れがあるというのだ。

「イッテQ」では、ラオスの「橋祭り」に続いて、同国の「カリフラワー祭り」も「週刊文春」がやらせ疑惑を指摘。
夕刊フジの取材でもそれ以外にも存在が確認できない祭りが多数ある。

こうした報道に対して、日本テレビは「詳細は確認中」としながらも、やらせではないとの主張は変えていない。
そんな中、13日に行われた収録で、MCの内村がカメラの回る中、観覧客を前に「お騒がせしてすみません」と謝罪するという事態に至っている。

「この際、内村は『番組が続く限り全力でやっていく』とも話したそうですが、内心はかなり怒っています。
さらに疑惑を重ねる結果にあきれているのです。とはいえ、番組の顔なので自ら矢面に立つことで、
騒動を鎮静化させたい思いもありました」と民放関係者。

そしてこの事態が激震を起こしかねないと演芸関係者が指摘する。

「内村は芸人の中でも特に人望が厚い。普段はそっけない人ですが、若い芸人にまで目配りをするタイプなんです。
だから、今回内村が謝罪する羽目になったことで、芸人の間では『顔に泥を塗った』と怒りの声が上がっているのです」

確かに内村は、各局でヒット番組を抱え、2年連続でNHK紅白歌合戦の総合司会に選ばれるなど、いまや“国民的芸人”になっている。

「日テレは当初、あくまでも現地の提案を受けたものだとしましたが、後になって責任を認めるなど対応がブレていることや、
まだ疑惑が出るのではないかと芸人は不信感を募らせています。内村が行動を起こしたとき、多くの芸人がともに動く可能性があります」
と先の演芸関係者は芸人の“大量離反”の可能性を指摘する。

「イッテQ」のレギュラー陣でも、いまや好感度芸人の出川哲朗(54)は内村の盟友だ。
そしてやはりレギュラーのロッチ中岡創一(40)は出川の親友という関係。
さらには日テレでも多数のレギュラー番組をもつ有吉弘行(44)も内村を恩人と慕っているほどだ。

日テレは最悪の事態を避けられるのか。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00000008-ykf-ent

続きを読む

1: 2018/11/17(土) 11:52:36.79
フジテレビ系バラエティー「とんねるずのみなさんのおかげでした」の大人気コーナーのひとつ、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」が特番として放送されると発表されたのは今週14日のこと。24日21時から土曜プレミアム枠にてオンエアするという。その名も「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ」。あのマニアックな笑いがふたたび見られるのかと、心を躍らせたファンは少なくなかっただろうが、発表された出演者メンバーを見るとちょっと様子がおかしい。石橋貴明(57)はあっても、相方の木梨憲武(56)、それに同コーナーを盛り立てた審査委員長の関根勤(65)の名前がないのである。

「モノマネはもっとコアに、もっと深いところへ入っていかなければならない」をコンセプトに掲げ、マニアックすぎて周囲に伝わりづらいモノマネを芸人らが披露し、笑いを誘ってきた人気企画。河本準一(43)や山本高広(43)はお家芸を追求し、博多華丸(48)は「アタック25」の児玉清シリーズを機にブレーク。オチがついた瞬間に落下した芸人が画面から消え去る演出もウケて、みなおかファンに限らず多くの視聴者を楽しませた。今回の特番のHPには、石橋が主宰するまったく新しいスペシャル番組などとうたわれている。白髪のズラを装着し、白衣姿で博士や助手に扮する木梨と関根の姿は特番では見られない……。ネット上でも重要キャスト2人の不在に〈なぜノリさんがいない〉〈ノリさんと関根勤さんがいれば完璧なのに〉と疑問や残念がる声が挙がっているのだが、一体、何があったのか。日刊ゲンダイはこんな話をキャッチした。

「ノリさんは終了した番組の1コーナーをそれだけ切り取って復活させるのはおかしいと異を唱えたんです。番組は打ち切ったのにとご立腹だった。関根さんはそんなノリさんの心情と考えに同調し、2人は出演オファーを断ったそうです」(中堅芸人)

今年3月、みなおかが30年の歴史に幕を閉じたのは記憶に新しい。石橋と木梨への高額ギャラに加え、視聴率の長期低迷が打ち切りの原因と取り沙汰されたが、とんねるずにとっては唯一の冠番組。終止符を打つのは苦渋の選択だったに違いない。それなのに番組終了から8カ月で人気コーナーだけ復活とはムシが良すぎるというわけだろう。

フジテレビに問い合わせてみると、以下の回答があった。


「キャスティングの詳細に関しては、お答えしておりません。当番組はあくまでコーナーのファンのみなさんの熱い要望に応えた特別番組であり、とんねるずのお2人の出演が前提の『とんねるずのみなさんのおかげでした』とは別の番組です」(広報宣伝室)

 ファンの要望に応えるのなら、木梨と関根の出演は外せないはずだが……。石橋と木梨の“分断”はとんねるずの解散危機にもつながりかねない。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/241841 
2018/11/17 06:00 

続きを読む

1: 2018/11/15(木) 16:18:59.33
日本テレビのバラエティー「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)で、15日発売の「週刊文春」が新たな祭りのでっち上げ疑惑を報じた。同局関係者によると、番組の祭り企画にメインで出演している宮川大輔(46)は精神的に参っているという。

 同番組の「祭り企画」でっち上げ疑惑。8日に同誌が伝えたラオスの「橋祭り」(5月20日放送)に続き、今回はタイの「カリフラワー祭り」(昨年2月12日放送)で同様の疑惑が浮上していると伝えられた。

 こうした事態を受け、日テレは14日に「やらせとの認識はない」とした上で「番組の意向でコーディネート会社が主催者に提案」するなどしたケースがあったことなどを明かし「今回のような事態を招きましたことを、おわび申し上げます」と謝罪した。

 一方、番組は月1回ペースで放送してきた祭り企画の休止の検討に入った。同局関係者によると、13日に行われた同番組の収録で出演者に対して制作側が事情を説明。祭り企画にメインで出演している宮川については「制作スタッフに“最初からちゃんと説明すべきだったのでは”と訴えたようです。かなり精神的に参っている。大切にしていた番組ですし、命懸けでやってきた企画ですから」と振り返った。

2018年11月15日 14時27分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15599614/

続きを読む

1: 2018/11/14(水) 07:56:26.19
2018年11月14日 7:00
石橋貴明とバナナマン出演「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ」装い新たに

「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の人気コーナー「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」が11月24日(土)に装いも新たに同局系で放送され、石橋貴明、バナナマン、今田美桜のほか、多数の芸人が出演する。

このたび放送される番組のタイトルは「土曜プレミアム『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ』」。「みなさん」のレギュラー放送は今年2018年3月に惜しまれつつも終了したが、視聴者からの熱い要望に応えるべく、石橋の主宰という形で2時間超の特番が実現する。のべ3カ月にわたる全国オーディションを勝ち上がったのはベテランから新人まで約50組。果たしてこの中でファイナリストに残り、優勝を勝ち取るのは誰なのか。番組のオフィシャルTwitterが始動し、Webで楽しめる企画も展開される予定だ。

◆石橋貴明 コメント

まだ皆さんが見たことのない芸人さんが、たくさん面白いことを見せてくれるので、その人たちの芸をちゃんと発揮できる場所を残しておかなければいけないなと思ってこの番組をやっています。今回もフレッシュな芸人さんが本当に見事な“細かすぎ”るモノマネ芸を見せてくれますので、どうぞご期待下さい。


https://natalie.mu/owarai/news/307837

続きを読む

↑このページのトップヘ